2015 年の反省、2016 年の目標

2015 年の反省

あまり成長が見られない年だった。仕事では、Stash (今は Bitbucket Server) でプルリクやブラウザで手軽にリポジトリを見れるようにしたり、Confluence で情報共有できるツールを導入して環境面を改善しようとした。

TOEIC で 700 点

一昨年に続いて設定した目標だが、一回だけ受けて前回の 510 点から僅か 15 点だけ伸ばして 525 点だった。リスニングは 60 点伸びたが、リーディングは 45 点低かった。Duolingo で短い文は慣れたけど、長文を読む力が足りなすぎた。

マラソンで 4 時間を切る

第 1 回横浜マラソンと第 10 回湘南国際マラソンに出場し、両方ゴールできた。横浜マラソンは運営のミスでフルマラソン (42.195km) ではなく 42km レースとなってしまったが 4:37:40 だった。東京マラソンの記録には届かず。湘南国際マラソンは捻挫や風邪で走り込めず、グロスタイムが 5:38:38 で Endomondo は 5:28:44 だった。サブフォーの壁は高い…。

Go 言語を覚える

Go Conference 2015 Summer には参加したものの、FizzBuzz すら書かずに終わってしまった。あまり興味をそそられなかったようだ。

Android アプリをリリースする

Apps Manager をリリースして達成できた。もっと機能を追加したい。

車の免許を取る

土日祝日だけだったので 4 ヶ月ぐらいかかったけど無事取れた。カーシェア便利。

2016 年の目標

  • TOEIC で 700 点
  • マラソンを完走する
  • Ruby 覚える
  • 目標のエンジニア像を持つ

英語は一番勉強していただろう中学生の頃より勉強している。Duolingo は続けやすいし、Studyplus で勉強を記録してモチベーションを維持して TOEIC の目標を達成したい。
マラソンは完走を目標にした。実はまだ、(給水時を除いて)歩かずにゴールしたことがないのだ。30km を超えたところからペースが落ち始め、足が攣る寸前の状態になってしまい、ついには歩き始めてしまう。ベストタイムの東京マラソンは歩いている距離が最も短いので、タイムを縮めるためにもまず歩かないようにしたい。
Ruby は使っているサービスが Ruby で動いていたりするので書けるようになりたいなと思い目標にした。アプリ開発でも、バックエンドを理解できないまま開発するより、理解できる方が効率もいい。
目標のエンジニア像を持つことを目標にするのは変な気がしなくもないが、どんなエンジニアになりたいかと考えてみた時、全然思いつかなかった。もちろん何でもできるスーパーエンジニアになれたら素晴らしいんだけど、それは限りなく不可能なので、それに少しでも近づくための目標がほしくて目標にした。

Note

【第23回】potatotips(iOS/Android開発Tips共有会) Android まとめ #potatotips

人気の勉強会なので、Android ブログまとめ枠で参加してみた。
会場は株式会社 FiNC だった。

【第23回】potatotips(iOS/Android開発Tips共有会) – connpass
potatotips 23 · potatotips/potatotips Wiki · GitHub

Continue reading

Android

Android アプリ Apps Manager v1.2 を公開した

unnamed

Apps Manager v1.2 を公開した。対応内容は下記の 4 つ。

  • アンインストールモードを追加
  • 並び替えの保存
  • パフォーマンス向上
  • バグ修正

アンインストールモードを追加

アプリをタップした時の動作にアンインストールモードを追加した。アプリをアンインストールしたくて作ったアプリなのに、対応が遅かったな…。

並び替えの保存

最近インストールした順に並び替えることが多かったんだけど、アプリを起動する度に並び替えるのが面倒だったので最後の並び替えを保存するようにした。

パフォーマンス向上

アプリ名の取得に時間がかかっていて、アプリ数はせいぜい 400 なんだけど 10 秒ぐらい待つのが不満だった。アプリ名をキャッシュするようにしたらすぐに表示されるようになった。キャッシュには Realm を使ってみた。データ数が少ないので SQLite とパフォーマンスの差はないと思うけど、SQL 書かなくて済むのが楽だ。

バグ修正

Apps Manager 起動中にアプリがインストールされるとクラッシュすることがあったので対応した。

Android app on Google Play

Note

Android アプリ Apps Manager v1.1 を公開した

unnamed

Apps Manager v1.1 を公開した。対応内容は下記の 3 つ。

  • タブレット対応
  • 難読化
  • 通知の有効/無効のフィルタリング

タブレット対応

ナビゲーションドローワーを常に表示するレイアウトにした。sw720dp のレイアウトなので、Nexus 9 などの大きめなタブレットが対象だ。
appsmanager_tablet

難読化

デコンパイルされて困るものじゃないけど、apk のサイズが削れるので対応した。

通知の有効/無効のフィルタリング

Android 4.4 以上の端末で動作する。(4.3 は未検証)
android.permission.GET_APP_OPS_STATS の権限が必要だが、protectionLevel が signature|system|development なので、下記のコマンドで権限を許可しなければならない。

adb shell pm grant com.gsbina.appsmanager android.permission.GET_APP_OPS_STATS

Android app on Google Play

Android

Android アプリ Apps Manager を公開した

unnamed

デベロッパー登録したのはいつだったか。ようやく、初めて Android アプリを公開することができた。最近アプリを大量にインストールしたので、管理するアプリが欲しくなったので頑張って作ることにした。

一番の難関はやっぱりアイコン。数年ぶりに Inkscapse を起動した。ソースは Bitbucket で管理した。無料でプライベートリポジトリは助かるし、Issues 管理でやりたいことに集中できるのでモチベーションを維持できた。
まだモチベーションがあるうちにどんどん機能追加していきたい。

Android app on Google Play

Android